サブ3.5の景色が観たい!アラフォーランナーのブログ

私は走る!子どもに依存し「子どもの為に生きる」事で苦しみ悩んだ時、RUNに出会い「自分を生きる」事を知った。私はRunner。ランナーとして「母親の役目」を果たす為に走る!

【12】サブ3.5へのRUNトレーニング記録

スポンサーリンク

皆さん、ご機嫌いかがですか?ののです(#^^#)

f:id:powerofrun:20190130143748j:image

 

【1月練習振り返り】

 1月の走行距離は230kmでした。

目標は250㎞でしたが、達成ならず。

f:id:powerofrun:20190131211148j:image

距離は予定通り踏めなかったけれど、

負荷を上げたトレーニングやレースをこなすことが出来ました。

日曜日のロング走+2部練習で、脚を追い込み、

中2日の休足で筋肉の超回復を狙う。

超回復を利用してポイント練習。

 

追い込み過ぎが心配なところで

「アクティブレスト」も取り入れました。

 

何より私の「脚」が文句を言わずついて来てくれていることに感謝。

走れることが有難い。

 

さぁ、いよいよ2月は仕上げ期です。

気を引き締めて、仕上げます。

 仕上げ期

量より質のトレーニングで、レースモードへ持っていく。

スピード刺激を与えてレースペースに慣れる

スタミナ、筋力、スピードの統合

 

 

【1/27・RUNトレ記録】

10㎞ペース走

毎年、1月の第二日曜日と第四日曜日は地元で行われるマラソン大会を走ります。

毎年、お正月明けすぐの大会は、調子が上がらずタイムも出ないのですが、

月末にある大会はいつも1分ほどタイムが上がります。

今年は正月明けの大会でPBを更新できたことから、

今回の大会には自信がありました。

前日の調子も良かった。

43分台を出す!

今の力を出し切れば、できる!と

気合いを入れてスタート。

f:id:powerofrun:20190130143218j:image

f:id:powerofrun:20190130143223j:image

43分に届かず(-_-;)PB更新もならず・・・

スタート直後から不安がありました。

今回のレース、スタート突っ込みの予定。

「ん?ん?ん?」

突っ込めない(ToT)

想定以上に人の壁に阻まれて、前に出れない。

「あれ?毎年こんなんだったっけ?」

「ヤバイな、このままだと4′30″でも入れない」

最初の2kmはラップを取ることができず、

どれくらいのペースでは入れたが不明。

「スタート突っ込みはできなかった」

「ならば、後半、少しでも少しづつでも上げないと43分はない」

7kmまで我慢で走る。

あと3kmだ・・・ラスト3km、ギアを上げたい。

脚はどうだ?

「まだまだ走れる」と脚が言っている。

問題は私の

「心肺機能」と「気持ち」

息が苦しい。苦しい所でずーっと我慢している。

ギアを上げようと思えば(脚は)上げることはできる。

でも

「怖い」

上げた後、心肺が保たなくて、

急にペースが落ち込んでしまうんじゃないか?

そんな不安を払拭できない。

ペースが落ち込んだら、44分台も怪しくなる。

 

あと2km・・・2kmならスピード保つかな。

いや、自信がない。

自信をもてる要素(練習)がない。

 

あと1km・・・45分切りがやっと。

結局、ギアをあげることはできなかった。

 

私は弱い。 

 

ただし、

フルマラソンへ向けた調整レース。

10㎞ペース走としては、上出来。

前回のレースは最初の突っ込みからキレイにビルドダウンしていた。

それに比べれば、完璧なフラットペース。

 

このレースで「余裕度」を感じることができれば、

サブ3.5への自信に繋がったかもしれないけど、、、

前途多難。やっぱりサブ3.5への道は厳しいな。

 

【1/27・RUNトレ記録@2部練】

LSD150分

f:id:powerofrun:20190130143244j:image

今日は地元の大会。帰り道は、

いつもロング走をしているホームコース。

「帰宅ラン」で帰ります。

スピードを出した脚をクールダウンする為に

LSDペースでゆっくり60分かけて帰宅しました。

 

帰宅して・・・玄関で・・・

「このまま、終わりたくない。まだ走りたい」

ラスト3㎞の自分の弱さ、悔しさ、情けなさ、苛立ちで

気持ちが落ち着かない。

 

「ごめん、走ってくる」

家族にお願いして、そのまま2部練習をすることにしました。

あと30分、あと30分・・・

気持ちが落ち着くまで、結局90分。

帰宅ランと合わせて150分になりました。

 

去年の夏にLSDを覚えて、

ずーっとLSDで「脚」を造ってきた。

この脚とずーっと一緒にここまで来た。

 

その脚が「大丈夫」と言っている。

でも、私の気持ちと心肺機能が

その脚に応えることができない。

 

強くなりたい。

もっと強くなろう。

そう決めた。

 

5年前

走り始めた頃は10㎞大会ばかり出ていた。

少しずつタイムが縮まることが楽しかった。

前回、今回のレースで

頭打ちになっていたタイムを脱することができた。

 

フルマラソンのゴールを「達成感」の充実とするならば

10㎞のゴールは「爽快感」の充実かな。

走っている間は苦しいけど、

ゴール後の解放感と爽快感はクセになる(笑)

 

フルマラソンも10㎞レースも

それぞれに面白みがあります。

 

また来年、強くなって、この10㎞大会に戻ってきます。

 

●フォームの基本・60のコツ●

トレーニング記録の記事が長くなってしまったので、

今回はお休み。

また次回書きます。

誰も教えてくれなかったマラソンフォームの基本 遅く走り始めた人ほど大切な60のコツ

誰も教えてくれなかったマラソンフォームの基本 遅く走り始めた人ほど大切な60のコツ

 

【1/30・RUNトレ記録】

前回のインターバルで200m×20本をクリアして、

次は400mで挑戦です。

目標は10本。

まずは5本から始めます。レストは120秒。

f:id:powerofrun:20190130143234j:image

 

1本目と2本目の距離が曖昧な測定になってます。

インターバルの測定はアプリ頼り。

でも測定の信用度が低いです( ;∀;)

ガーミンが欲しい(ToT)

↑いつまで言い続けるのだろう・・・

 

1本目!手元のストップウォッチは1分20秒。

80秒???

自分でもびっくり。

「80秒って㌔何分だっけ?」

「分かんないけど、突っ込みすぎた!(笑)」

 

先日のレースが納得いかなかったこと、

その後、LSDでゆっくりじっくり走ったことで

「かっ飛ばしたい」

そんな気持ちが現れた1本目でした。

 

120秒、長めのレストで5本やりきれました。

でも・・・10本、できるかな?

今の感覚ではやれる気がしない(~_~;)

 

でもやる‼

 

【1/31・RUNトレ記録】

つなぎjog

 

能ある鷹は爪を隠す

かっこいい言葉。

この言葉の真意は「謙虚であれ」だと、

私は思っています。

謙虚であるということは「素直である」ということ。

 

松下幸之助さんの言葉(素直な心とは)

・耳を傾ける

だれに対しても何事に対しても耳を傾ける心

・全てに学ぶ

すべてに対して学ぶ心で接し、

そこから何らかの教えを得ようとする心

・価値を知る

よいものはよいと認識し、

価値あるものはその価値を正しく認めることのできる心

 

 

大好きなRUNに対して・・・

謙虚・素直で在りたいな。 

 

チョキン・パチン・ストン

それでは皆さん、ご機嫌よう\(^o^)/