「母親」より まず「Runner」

子どもに依存し「子どもの為に生きる」事で苦しみ悩んだ末、「自分を生きる」と決めた。私はRunner。ランナーとして「母親の役目」を果たす為に学んだ事をブログに記す。

●前編●私のサブ4@いびがわマラソン【練習の成果】マラソン大会

スポンサーリンク

皆さん、ご機嫌いかがですか?

サブ4ランナー

ののです(#^^#)

(サブ4ランナーって言ってみたかった 笑)

f:id:powerofrun:20181113201642j:image

【サブ4Get】

ご報告。先日のいびがわマラソンで、無事にサブ4を達成しました。

思い浮かぶ言葉は「ありがとう」しかありません。応援してくれた皆さん、ありがとうございました。

レースを振り返ります。

f:id:powerofrun:20181113175833j:image
f:id:powerofrun:20181113175739j:image

【サブ3.5への資格】

突然ですが、私のフルマラソンの最終目標はサブ3.5です。

サブ4も取れてないのにサブ3.5なんて公言できなかったけど、

これでやっと公言できます。

サブ3.5を目指す為にはまず、この「いびがわマラソン」でのサブ4。

いびがわマラソンは、この地域では有名な「タフコース」

自分の中では「ここでサブ4を取らなくては3.5を目指す資格はない」

と思っていました。

だから、なんとしてでも取りたかったのです。

 

この資格を得て自信をもって、

今後のサブ3.5の目標へと進みます。

 

【レースレポ】

●目標は(重要度順)

1.サブ4

2.30/35kmの壁を破る

3.イーブンペース

4.レースペース5′20″

今回のコース↓


いびがわマラソン

※ランウォッチとスマホのアプリを頼りにしてたのに、スマホはバッテリー切れで

38kmで止まってるし、ラップも取れてない。゚(゚´Д`゚)゚。

ランウォッチから・・・手打ちです(-_-;)

●5kmまで

7′01″

5′49″

5′36″

5′20″

5′20″

スタートはCブロックで最初の渋滞は3kmで解消されました。

上手くレースペースまで上げれて一安心。

でもなんだか気持ちが落ち着きません・・・

思ってたよりも快調な脚の動きではありませんでした。(準備万端のハズだったのに)

●10kmまで

5′31″

5′57″

4′55″←このレースで唯一の4分台(^o^;)

5′42″

5′18″

思うように上がらないペースを確認しながら

私はここで「山の声」を聞きました。

「いびがわマラソン」というタフコースの洗礼を受けたのです。

この声の主を「いびがわさん」と呼びます。

いびがわさんは言いました。

「てめぇが5′20″のレースペースだと?!!?」

「なめんな、ここは山の谷間だぞ、出直してこい」

「これからひたすらアップダウンだぞ!」

「お前の脚はまだ足りねーよ!

もっと強い脚をもってこい」

「5′20″ではこの先は通さない」

怖っ

怖っ

いびがわさんの声を聞いて

「5′20″では30/35kmの壁までたどり着けない」と思いました。

攻めれば行ける覚悟はありました。でも、

たどり着いたとしても(いびがわさんにボッコボッコにされて)

30/35kmの壁は破れない。

壁が破れなかったら、壁を破るための練習は振り出しに戻ります。

www.nono-no-blog.com

 

レースペース5′20″は5′30″に変更します。

身体の声を聞く。脚の声を聞く。

自分がどういう状態なのか?どれくらいで走れるのか?正確な判断ではないけれど・・・なんとなく「感」が働きました。

「LSD」でゆっくり走りながら自分の身体や脚を向き合って考えて来たことが、

この「感」を働かせてくれたのだと思います。

 

だって怖いんだもん

「いびがわさん」

 

 

●15kmまで

5′27″

5′10″

5′22″

5′36″←エナジージェル補給明治 ザバス ピットイン エネルギージェル 栄養ドリンク風味 69g×8個

5′50″←綺麗なお姉さん現れる!!!!

レースペースを変更し、なんだか気持ちが落ち着いて来ました。

慎重に30kmの壁へと向かいます。

 

ここで安心したのか・・・・私の悪いクセが出るのですよ(^o^;)

私は「綺麗なお姉さん」か好きなのです♫

レース中、たくさんの女性ランナーさんの後ろ姿を見ながら・・・

「ええなぁ。ええなぁ」とデレデレしてしまうのです。

軽くカールのかかったポニーテールをふわふわさせて走るお姉さんとか・・・

大好物٩(♡ε♡ )۶

そんな私の前に「綺麗なお姉さん現れる!!!!」

赤いキャップ・黒いランシャツ・ピンクっぽいランパン。

目がハート٩(♡ε♡ )۶

しばらく後ろにつかせてもらいました。

ごめんなさい。

いかんいかん、デレデレしてはいかん。

お前は何をしに来たんだ!

後ろ髪を引かれる思いでお別れしました(;_;)

 

●20kmまで

5′22″

5′30″

5′55″←痛恨のミス!いい感じのお兄さん現れる!!

5′30″

5′21″ 

 

気を取り直して、ペース感覚を確認しながら進んでいると・・・

今度はいい感じのお兄さんが現れました。

アフロヘアで黄緑色のランシャツ。シャレオツ♫

ウエストも締まってて腹筋ありそう٩(♡ε♡ )۶

筋肉も好きなのですよ私^^;

フォームも綺麗だし、走るリズムやピッチが私と合っている。

この人もサブ4狙っているのかな?

この人に30kmまでついていってみようかな?

1kmを通過したところでランウォッチを見ます。

5′55″

5′55″

5′55″

ちょっとお兄さん!!!㌔6′で走ってたの???

おばちゃんびっくりだわよ。

私の30″

かーえーしーてーーーーー!

くっそー!ミスった。ミスった。

完全にミスった。

もう誰も信じない!

自分のペースで行く!!!

もぉぉぉぉ!

てかさ、勝手についていったんだろ?

お前が自分のペースを把握できてないだけじゃん。自業自得。

お兄さんごめんなさい。

 

●25kmまで

5′17″

5′31″

5′31″

5′25″

5′48″エナジージェル補給Mag-on マグオン エナジージェル フレーバー:レモン

Twitterのフォロワーさんに聞いた情報。

これから始まる「足攣り」との戦いの為に

マグオンを補給しました。

 

もう誰にもつかない。

拾える人を拾っていこう。

肝に銘じろ「のの!」

拾い続けない限り、お前にサブ4はない!

 

前にいるランナーのふくらはぎを見ながら

拾えそうな脚を物色、ロックオン、拾う。

拾える人を拾う、でも無理には拾わない。

繰り返します。

 

●30kmまで(コース全体を通して)

5′22″

5′50″

5′50″

5′07″

5′21″

いびがわさんは厳しいです。本当に厳しい・・・

ラン歴5年のうちで今までで一番練習しました。

練習に納得して挑みました。

そんな私に「まだまだ」と言うのです。

確かにまだまだ練習が必要だと感じました。

 

登っては下り、登っては下りの繰り返し

「これ、登ってもまた下るんだよね?」

「これ、下ってもまた登るんだよね?」

「じゃあさ、真っ直ぐでよくね?」

 

いびがわさんは厳しいけど・・・

代わりに「絶景」を観せてくれます。

それはとっても温かい。

 

綺麗な山並み

紅葉

谷間に流れる大きな川

そしてここに住む人々

この大会はこの町の人が総出で応援してくれます。子どもから大人・お年寄り。

特設エイドの他に、私設エイドを用意してくれる人。バンドを組んで歌い続けてくれる人。

山の谷間の「そんなところにどうやっていくの?」という場所で

遠くから手を振ってくれたり、太鼓を鳴らしてくれたり。

フライパンの音も聞こえます。

www.nono-no-blog.com

 

だから、私はこの大会が好きです。

優しいじゃん、いびがわさん(笑)

 

がしかし!

 

ここから始まります。

フルマラソンは30kmまでは前半、30kmからが後半。と言われています。

いよいよ後半です。

30km・35kmの壁との戦い、そして最後3kmの戦い。

この戦い、私はひとりではありませんでした。

人についたわけではありません。

私の後ろにたくさんの人がついていてくれました。

あと残りの12km・・・

貴重な貴重な、私にとってはかけがえのない大切な12kmになります。

 

後編へつづく

www.nono-no-blog.com

 


    

チョキン・パチン・ストン

それでは皆さん、ご機嫌よう\(^o^)/