「母親」より まず「Runner」

子どもに依存し「子どもの為に生きる」事で苦しみ悩んだ末、「自分を生きる」と決めた。私はRunner。ランナーとして「母親の役目」を果たす為に学んだ事をブログに記す。

【第10回・ランナーのAshioto】あなたのRUNの足音を聴かせて下さい。(ランニング・足音・マラソン)

皆さん、ご機嫌いかがですか?ののです(#^^#)

【ラジオ録画公開】

f:id:powerofrun:20190115193003j:image

先日のラジオ配信、聞き逃した方へ

お待たせしました(*^^*)

ツイキャスのマイページ欄で録画公開しました♫

「第10回配信」

ライブ履歴からアクセスして、お楽しみ下さい。

 

ドン!はいどうぞ(*^^*)↓

Live History - のの@RUN大好きアラフォーランナー (@nonoblog1231) - TwitCasting

 

Twitterのアカウント↓

お気軽にフォローして頂けたら嬉しいです。

twitter.com

 

ラジオ配信の趣旨についてはこちら↓

www.nono-no-blog.com

【Ashiotoゲスト:あやめさん】

twitter.com

【ランキャス配信を振り返って】 

あやめさんは、本物のライターさん・インタビュアーさんです。

ブログ歴も長くて、「人に役立つ情報」を発信されています。

私も一応・・・blogを書いてる者として、

こんな風に記事が書けたらいいなぁと憧れてます。

あやめさんの情報発信blog↓

カテゴリーは横浜のこと・転勤のこと・電車こと・文房具ことなど

bun-ten.com

 

あやめさんは、とにかく

「明るい」「ポジティブ」そして「心がオープン」

そんなあやめさんのオーラを感じて、話してる間ずーっと心地が良かったです。

相手が心を全面に開いてくれてると、

こちらに安心感が生まれて、居心地がいいんだなぁって思いました。

すっごく話しやすかった🎶

今日は私がインタビュアーという立場だったけれど、

逆に、「楽」に話をさせてもらった気がします。

さすが本物のインタビュアーさんでした(*^^*)

 

あやめさんの言葉で一番印象に残ったのは、

※ランナー語録
走るのは、一人なのに
一人じゃない!
走ってるだけで応援しあえる。
喜びを共感できる。
 
転勤族の妻としていろんな地域を転々と移住するという事は、
想像以上に大変なことだと思います。
知らない土地で、新しく人間関係や地域との交流を深めるには、
相当なエネルギーが必要でしょう。
 
各地域の情報を発信する。
取材し文章を書く。
それがあやめさんのエネルギーの源で、
そこに凄いパワーを感じます。
 
そんな中、出会った「ランニング」
ただ日常を過ごすだけの友達ではなく、
ランニングを通して
「自分と戦う」を「共感する戦友」ができた。
 
だから、一人なのに一人じゃない。
 
あやめさんは「周りがそうしてくれた」と言っていたけど、
あやめさんが、もともと人との関わりを大切にしてきたから、
今、あやめさんの周りには沢山のランナーが集まって来たのだと思います。 

 

ランを始めて

マイナス思考がなくなった!!

前向きになった!!!

ランから学んだことは人生に活かせる。

その言葉通り 
「明るく、前向きで、心を開いて人を受け入れてくれる」
そんなあやめさんのAshioto、聴けて良かった。ありがとうございました。
 
 
 
では↓Ashioto開始 
下記、あやめさんのランニングblog引用です(*^^*)

●ランを始めたきっかけ 

 

ライターの仕事で「スポリート」というランニングメディアのお仕事をして、

「私もいつか完走はしてみたいんですよね~」と言ったときに

アンバサダーを募集している話を聞いて、

自分で応募したのが「いつか走りたい」から

「絶対完走する」に切り替わったきっかけ。

 

●Spoleteアンバサダー

走る楽しさを体験し、発信していただける方を募集中!↓

spolete.jp

 

公言しないと、ずっと「いつか完走したいな」と言うままだったと思う。

小さいころから運動神経が鈍く、

なにをやってもダメで体育の時間が憂鬱だった。

ずっと運動の遊びに誘われても「私はいい」と拒否反応、

スポーツの話さえ拒否姿勢だった。

でも、もしできたらカッコいいなと強烈に憧れていたのが

「フルマラソン完走」

学校のプール授業が嫌すぎて、

プールのない私立高校を受験したぐらいの

運動嫌いの自分ができるなんて思っていなかった。

 

●RUNの魅力

「達成感」と「大人になってからの仲間」

ここまでどんくさい自分でも、半年積み上げればできる。(めちゃくちゃ遅いけど)

全国転勤族で全国どこに住むかわからない、

でもTwitterを見たら全国各地でみんな頑張ってる。

友達がいない時期でも自分ひとりでできる趣味に出会えた気がしている。

 

●どんな練習

「ペース走」と「2時間LSD」そして10kmや20kmの大会をポイントで入れています。こだわりはない。距離と時間と、大会の雰囲気に慣れる練習をしました。

一人だとどうしてもしんどくなると自分に甘くなってしまいますが、大会で他の人が走っていたらサボらないので。

 

■マラソン豆知識

◎月間距離の増やし方の目安→前の月の月間走行距離の2割増し。

一気に増やしすぎると故障の原因となる。

 

●今後の目標 

まずはフルマラソンを5時間切り。
 

ある程度走りに余裕ができるようになったら、

仮装ランをしたい。(フルで)さいたま国際マラソンではサンタのコスプレで応援に行ったんですけど、それも「おばちゃんだし」ってめっちゃ恥ずかしかったんですけど、やってみたら楽しかった。今度は仮装して走りたい。

 

仮装予定はアラレちゃん!

f:id:powerofrun:20190115185913j:image

 

 
●ランから学んだこと 

マラソンにまぐれはない。練習以上の結果は出ない。

正しい努力の積み重ねが結果に繋がるということがわかった。

(行動にうつせるかはまた別問題として)

初フルマラソン前にも膝の痛みに悩まされたので、

けがに気をつけながら走りたいと思う。

 

●ランを始めたばかりの方へ

行動しよう!

・言い訳をしない、やりたいならやれ!

 「もう46歳だし」とか「もうおばちゃんだし」とか「運動神経鈍いし」とか言い訳だらけだったけど、思い切って「完走したい!」と言ったらいろんな人が助けてくれた。

完走したら世界が開けた。

公言しちゃおう、自分に楽しくプレッシャーをかけよう!

 

【あやめさんに寄せられた質問Q&A】 

Q1. ツイッターのアイコンと同じで普段も赤ふちのメガネですか? 珍しいですよね?

A.赤みの強い茶色のフレームです。アイコンと実物がそっくりらしく、大会等でお会いすると「アイコンとそっくり!」と言ってもらえます。

 

Q2. 初フルマラソンの感想は?

A.直後、きつかった~!!帰りはロボットになって階段下りられない、きつい!

翌日からじわじわと嬉しくなり、

一週間ぐらいたってから「最後のさいご、歩いたよな…」と悔しさがわいてきた。

 

Q3. フル走る前と走ったあとで心境の変化はありましたか?

肉体的なことなのでも🆗

A.「完走する!」と決めて公言して練習したら、いろんな人が助けてくれた。運動にコンプレックスが大きかったので、公言するだけでもすっきり!

完走したら世界が開けた。

サンタコスも恥ずかしげもなくやった。年齢による羞恥心がなくなり、やりたいことをやれるようになった。

 

Q4. 初フル後の周囲の反応は?

A.・走ったことのない人からは「すごいね!」と言われた。

A.・「運動は何してもできたから、運動苦手な人の気持ちはわからなくてごめんなさいだけど、苦手なことにチャレンジするのがすごいと思う。」と言ってもらえて嬉しかった。

 

Q5. 大会エイドで出た食べ物で美味しかったものはありましたか?

大会で食べれられなかったものだけどいいですか?

A.アクアラインマラソン(ハーフ)でめちゃくちゃ楽しみにしていたのに売り切れで食べられず、後日、千葉県の「海ほたるパーキングエリアの売店」と「ホテル三日月の売店」を探し歩いて購入した「びわゼリー」です!

 

あとは湘南国際マラソンの「糸わかめおかき」です。たぶん神奈川名産とはではないと思うけど(笑)しょっぱいのが美味でした!

 

Q6.年後、どんなランナーになっていたいですか?

A.走り続けているといいなぁと思います。

夫が全国転勤族なので、全国の名物レースを交通費をなるべくかけずに走り込みたい。

ランには関係ない夢として「47都道府県全県制覇(通過を除く)」があるので、ランナーとしては「名物レース制覇ランナー」になりたい!

そしていつかサブ4もしたい。

 

Q7.ブログやツイッターで他のランナーと繋がって得たものはありますか?

A.めちゃくちゃある!!大きすぎる!!

もともとTwitterが好きで、人と交流することも大好きなんですが、走るのは一人なのに一人じゃないところが好き。

 

アクアラインマラソンで高速バスの相乗りに誘ってもらい、一緒に会場まで行ったり、シューズ円陣に参加して力をもらったり、スタートラインまで話しながら歩いたり。そんなベテランランナーさんには何でもないことが、ものすごく緊張を和らげてくれて、力になりました。

 

以上、おわり。

チョキン・パチン・ストン

それでは皆さん、ごきげんよう゚(^^)/~~~

 

●お願い●

ブログ村ランキングに参加してます。

ポチッとして頂けると励みになります(*^^*)↓

にほんブログ村 その他スポーツブログ 女性ランナーへ
にほんブログ村

こっちもよろしくです(*^^*)↓

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

  

チョキン、パチン、ストン

それでは皆さん、御機嫌よう(*^^*)

サブ3.5へのRUNトレーニング記録【9】ランニングフォーム 改善【1】

皆さん、ご機嫌いかがですか?ののです(#^^#)

f:id:powerofrun:20190111101723j:image

 

f:id:powerofrun:20190110215831j:image

 

【1/6・RUNトレ記録】

20km走

 

12月の走り込みで脚筋力の強化を図り、その効果を確認する為の20km走。

設定タイムは1㌔ave5′切り。

ハーフマラソンでのPBは1時間46分30秒:1㌔ave5′

2年前のタイムです。

2年前の自分を越えななければ目標へは届かない。

走り込みで脚が強化出来ているのであれば、越えられる。

結果は1時間43分46秒。1㌔ave4′55秒

PB更新!!3分近く更新できて嬉しかったです。

若干ではあるけれど、余裕を残して終われたので良かったけれど・・・

サブ3.5はこのペースで、あと21km・・・まだ半分。

うーーーん、自信ない(-_-;)

あと、10kmなら行ける気もするけど、、、

20kmは想像がつきません。

ここまでの強化は順調。

でも、まだまだ足りません。

サブ3.5なんて・・・

でかい口、叩いちゃったな(笑)

 

【1/6・RUNトレ記録@2部練】

LSD90分

距離走で「速筋」を使った後、もちろん次は「遅筋」で走る。

ゆっくり、ゆっくり。

寒い。゚(゚´Д`゚)゚。

ウインドブレーカーを2枚重ねで走りました。

暑ければ少しファスナーを下げて、

寒ければファスナーを上げる。

温度調節しながらじっくり走りました。

●フォームの基本・60のコツ●

ゆっくり走る時は「フォーム改善」を意識します。

時間をかけて「基本」から進めて行きたいと思っています。

誰も教えてくれなかったマラソンフォームの基本 遅く走り始めた人ほど大切な60のコツ

誰も教えてくれなかったマラソンフォームの基本 遅く走り始めた人ほど大切な60のコツ

 

 この本の「はじめに」で印象に残った部分

長年故障せずに速く走れるのなら、

その人にとってはそれがよいフォーム。

しかし人間の骨格や筋肉の動きに基づいた黄金率を理解することに

越したことはないでしょう。

私は基本「ランは自由」だと思っています。

どんな走り方でも、どんな練習でも、どんなタイムでも、

人それぞれ。ランナーの数の分だけ「RUN」がある。

フォームも同じ。自由だし、その人に合ったフォームがある。

でも・・・

どうせ走るなら、、、「無駄のない走り」がしたい。 

www.nono-no-blog.com

「効率的なフォームを身につけることは大切なこと」

フォームは十人十色であっても

「無駄を省く」ということに関しては、

すべてのランナーに共通すること。

無駄な動きをすることは体力を消耗させ、故障の原因になる。

 無駄のない走りをする為のヒントが

「人間の骨格や筋肉の動きに基づいた黄金率を理解すること」と思います。

 

前回のランナーのAshiotoでゲストランナーさんが言っていた

「足音をなくす」が「無駄を省く」ことに繋がるのか?

自分の脚で確認していきたいです。

www.nono-no-blog.com

 

本書第一章

「正しい筋出力」と方向を意識するだけで速くなる

コツその1

正しい筋出力を意識する 

●筋出力→今、どんな筋肉が使われているか?

●筋出力は、ランニングを外見や形だけ真似ても速くならない。

(画像や動画で、見た目だけの形や動きだけでは、

どう走っているのか?どう筋肉が動いているのか?

分からないから。)

●振り子が動くエネルギーの変化をイメージする。

f:id:powerofrun:20190111093944j:image

 

実際↑の振り子の画像を見ただけでは、

振り子が戻るところなのか?

離れたところなのか?分からない。

これはランニングフォームでも同じ。

画像や動画だけでは、脚を出そうとしているのか?

脚を戻そうとしているのか?分からない。

もちろん、イメージは大切だけど

「実際はどうなのか」自分の動きで確認するしかない。

 

コツその1では、

振り子の動きに例えて、逆向きの力を加える事によって

エネルギーが増大する。と言っています。

振り子が戻る力が強ければ、

その分離れる力が強くなる!

 

つまり、

脚を出すエネルギー(筋出)よりも

脚を戻すエネルギー(筋出)を意識する。

 

頭で正しい走り方を理解すれば、

身体は必ず後からついてくる。

まずは意識改革

 

 

ちなみに↓のインターバルでは、

疾走の時「脚を戻す!」を意識しました。

【1/9・RUNトレ記録】

インターバル

去年の年末に予定していたけれど、

疲労の蓄積・体調不良で先延ばしにしていたインターバルに挑戦。

今日は「最後ヘタれてもいいから20本やる!」と心に決めていました。

f:id:powerofrun:20190110223207j:image

f:id:powerofrun:20190110223210j:image

 日曜日の20km走で、脚力の強化が順調であることは確認できた。

だから、ぜったい20本やる!

でもペースの維持は自信がありませんでした。

とにかく全力を尽くす。

20本って・・・長い!長いよ(-_-;)

初めからカウントを気にしていたら、心がくじけそうだったので、

ギリギリ辛くなるまで「カウントは見ない!(意識しない)」作戦。

カウントを見ずに、淡々と本数を重ねて行きました。

だんだんキツくなって来て、「今何本目だろう?」と思いながら

我慢で続ける。

息が上り、嫌になった所でカウントを見ました。

その時のカウントは13本目が終わったところ。

あと7本!絶対やる!

そこからは「この1本が終わればあと〜本!」と

1本少なめの消去法でカウント。

気持ちを切らさないように集中しました。

 

ヘタれてもいいからやる!

でもヘタレたくない!!

設定ペースでやりきりたい!

 

結果は、ヘタレずに20本できました(*^^*)

夜明け前の暗闇で・・・車通りのない道端で・・・

ゼーハーゼーハー・ゼーハーゼーハー

f:id:powerofrun:20190110230355j:image

いい歳したおばさんが、20本やり遂げた所で

「ガッツポーズ」でした。

朝から何やってんだか(≧∇≦)b

 

20本やり遂げたことも嬉しかったけど、

リカバリーが90秒で足りたこと。

これは「心肺機能の強化」ができていると感じます。

数値としては見れないけれど、

身体で感じるこの感覚を、素直に受け止めたいと思います。

【1/10・RUNトレ記録】

つなぎjog

 

最近の練習は

ロング走

2部練

ポイント練習(スピード練習)

つなぎjog

 

今、一番楽しいRUNが「つなぎjog」です。

ポイント練習が終わって

「明日はつなぎjog」

頑張ったご褒美(*^^*)

 

木曜日のつなぎjogは

ご褒美RUN

リラックスRUN

癒やしRUN

ストレッチRUN

 

これは、ロング走・2部練・ポイント練習が前提にあるから。

ぜ~んぶを含めて、やっぱり

RUNが好き(*˘︶˘*).。.:*♡ 

 

 

 

チョキン・パチン・ストン

それでは皆さん、ご機嫌よう\(^o^)/ 

 

サブ3.5へのRUNトレーニング記録【8】

皆さん、ご機嫌いかがですか?ののです(#^^#)

f:id:powerofrun:20190105195802j:image

 

【ご挨拶・今年の目標】

皆さん、あけましておめでとうございます(*^^*)

今年もどうぞよろしくお願い致します。

 

久々のブログ。。。

ブログの更新が滞ってしまうと、

次に書くのが億劫になってしまいますね。

もう辞めてしまおうか・・・と思いつつ、

やっぱり続けたい!

気を取り直してパソコンに向かっています。

 

新年を迎えて、今年はどんな一年にしようか?

お正月はダラダラしながら(笑)考えていました。

やりたい事、

やってみたい事、

やらなければいけない事。

バランスよくこなすためにどうすればいいのか?

ある程度は方向性を決めることにしました。

 

主婦業、母業、妻業は当たり前のことなので、

淡々とこなすこととして(笑)←これ適当(^o^;)

 

個人の目標

1.サブ3.5

2.ランニングフォーム改善

3.時間コントロール術を身につける

 

●ランニング

ランニングで今年1年の目標は2つ

一つは自己ベスト更新・その先にあるサブ3.5に挑みます。

もう一つは「ランニングフォームの改善」とします。

先日のランキャスで紹介してもらった本を購入しました。 

誰も教えてくれなかったマラソンフォームの基本 遅く走り始めた人ほど大切な60のコツ

誰も教えてくれなかったマラソンフォームの基本 遅く走り始めた人ほど大切な60のコツ

 

 

ランニング情報を詰め込み過ぎるのを避けたくて、ランニング本は買わない派でしたが、この本は興味深くて購入に至りました。

ランニング本を買うのはこれで2冊目となります。

正直、ランニングフォームって難しくてどうしていいか分からず、

その課題に取り組むのを後回しにしていました。

縁があって、この本に辿り着いたと思えばモチベーションも上ります。

去年、故障を機にトレーニング方法を基本からやり直したのと同様、

今年はランキャスを機にランニングフォームの改善を図ります。

www.nono-no-blog.com

 

●自己成長

ランニングをしていれば嫌でも成長が必要で、

走ってるだけでいろんな人と出会い、刺激を貰って生活が楽しいです。

ただ・・・去年の後半はTwitterに夢中で、

自身の時間管理が曖昧になった部分がありました。

今年はランニング以外に挑戦したいことがあります。

その挑戦の為にはもっと時間を有効に使わなくてはいけません。 

週40時間の自由をつくる 超時間術

週40時間の自由をつくる 超時間術

 

「時間をどうつくるか」

「時間の使い方」

「時間配分」

これらを課題にして自己成長を図ります。

 

【12月練習振り返り】

今更ながら・・・12月の練習の振り返り。

12月の走行距離は272.2kmでした。

f:id:powerofrun:20190105185519j:image

12月は「脚力強化月間」

とにかく走る!脚を強化する!

夏場に作った脚がどこまでもつのか?

ヒヤヒヤしながら走り込みました。

坂道トレーニングのつもりでプチトレイルを取り入れ、

マラソン前半・30km

マラソン後半・12kmを意識して

2部制でフルマラソン距離のロング走を行いました。

脚が痛くなったらどうしよう?と不安に思いながら、

ギリギリの所まで追い込みたかった。

12月後半はさすがに疲労がたまったことと、体調を崩した為、

ポイント練習が1本抜けてしまったのが残念でした。

でも、故障に至らずメニューをこなせて満足です。

 

【去年そして今年】

f:id:powerofrun:20190105185529j:image

去年の年間走行距離は2136kmでした。

今年はこの距離より1kmでも長く走りたいです。

2136km走った中で学んだことは

ゆっくり走るも速く走るも大切!

そして楽しい!

 

去年の初めにTwitterを始めて、たくさんのランナーと出会いました。

出会えて良かった。

 

去年の春からブログを始めて、たくさんのランブロガーさんの記事を読みました。

こんな風に記事が書けたら、、、と憧れながら、

レースレポ・練習レポを読むのは本当に楽しいです。

ブログを始めて良かった。

 

去年の後半、ランキャス「ランナーのAshioto」を始めて

Twitterを越えてたくさんのランナーさんと触れ合うことができました。

楽しくて貴重な時間を過ごせて良かった。

 

f:id:powerofrun:20190105194059j:image

今年の走り始めは1月3日。120分走。

新年に合わせてランアプリも変更してみました。

8時10分、箱根駅伝復路スタートと同時に走り始めて

ラジオで実況を聴きながら・・・

若い大学生の男の子と走りました(笑)

彼らは、私が約20km走る間に

駅伝の2区間(約40km)走ってしまう(^o^;)

 

お正月は親戚の挨拶回りや、

子ども達がお年玉で買い物に行く為

それに振り回されて駅伝はまともに観れません。゚(゚´Д`゚)゚。

一度でいいから、

往路も復路もガッツリ最初から最後まで観てみたい。

 

今年もランナーの皆さんと一緒に楽しくラン生活を送りたい!

今年もブログを続けたい!

今年もランキャス「ランナーのAshioto」を、

できるだけ沢山配信したい!

近日中に第10回配信予定です。また予告します。

配信開始当初の目標10回は達成できそうです。

次の目標は20回!

皆さんのご協力とご参加をお待ちしています。

 

どうぞ今年もよろしくお願い致します。 

 

 

チョキン・パチン・ストン

それでは皆さん、ご機嫌よう\(^o^)/ 

 

サブ3.5へのRUNトレーニング記録【7】

皆さん、ご機嫌いかがですか?ののです(#^^#)

f:id:powerofrun:20181223173545j:image

 

【12/16・RUNトレ記録】

30km走

前回の30km走は10月7日。
2ヶ月ぶり、久々の距離走でした。
 
「スタミナをつけるロング走」
LSD180分や180分走に対して

「負荷をあげて持続性を高めるロング走」

30㎞距離走

今日の30kmは負荷を上げてスピードに耐えうる
持久力を高める為の30km
目標ペースは1㌔aver5′20″
f:id:powerofrun:20181218110509j:image

 結果、1㌔ave5′22″

今回の30km走の成果は、最後の10km。

ペースを上げる事ができました。

特に最後、上げきり成功。

走るだけなら・・・

30kmに「余裕」が出来たことを感じました。

ただサブ3,5を狙うには、まだまだ足りないペース(TдT)

しかも、最後は足攣りの可能性も残ってました。

もう少し、少しづつ余裕度を上げていきたいです。

 

それにしても、ラスト1kmの4′30″は自分的にびっくり。

ラップを見るまで、

ここまで上げきれているとは思っていませんでした。

 

先日の5kmペース走と、今回のラスト1kmの4′30″は

全然違いました。

同じ4′30″なのに、30km走の4′30″は全然息苦しくなかった。

不思議です。

自分の予想としては、30km走で長く走り続けることによって、

身体に十分に酸素が残っていた。だから息苦しくない。

5kmペース走では身体の中に十分に酸素がない状態で走っているので、

息苦しい。

これは、

最大酸素摂取量に関係するのかな?

速いペースでも十分に酸素を身体に取り込む事ができれば・・・

苦しくなくなる。

 

ロング走と合わせて、インターバル・ペース走。

もうしばらく続けて、その疑問を考えて行きたいです。

【12/16・RUNトレ記録@2部練】

LSD90分

2部練習はゆーっくりゆーっくり。

速筋を使った後に遅筋へも刺激を。

そしてそれが「中間筋」に変身することを願って。

LSD、寒い。゚(゚´Д`゚)゚。

同じ30km走でも、

ペースの違いによって、身体は全く違う受け止め方をしている。

この夏・・・「LSD」を覚えていなければ、

もっと速いペースで追い込んでしまっていたと思います。

あえて「ゆっくり走る」走り方を知ったことで、

練習に幅が生まれて良かったなぁと思いながら走りました。

www.nono-no-blog.com

 

【12/19・RUNトレ記録】

ミドルペース走12km

最近の練習はつなぎ以外のランは

心肺刺激のペース走、脚力強化のロング走になっています。

極端なペース設定で走っているので・・・

速すぎでもなく、遅すぎでもなく「中間」で走りたい。

そんな欲求が込み上げて来て、今日はミドルペース走にしました。

 

ミドルペース走とは

・ロング走よりも高いレベルで走り込む

ロング走よりも短い距離を速いペースで走る(持続走トレーニング)

ペースの目安はロング走よりも1㎞あたり15秒~30秒ほど速く。

 

30km走のペースが5′20″だったので、

+30秒で4′50″設定にしました。

 

現段階でこのペースは

「結構苦しいけど、我慢できるペース」

走った後の爽快感は「快適走」と言える。

 

このペースでフルが走れたら・・・

どんなに気持ちいいだろう。

 

でもまだまだ42kmには余裕がありません。

この余裕度をどこまで上げられるか?

 

名古屋ウィメンズマラソンまであと77日!

間に合うかな(^o^;)

 

 

 

【12/20・RUNトレ記録】

つなぎjog

 

週に一度の癒やしタイム 

日曜日にロング走&2部練で脚を追い込み、

水曜日のポイントペースで心肺を追い込み、

木曜日のつなぎで癒やされる。

この木曜日のつなぎが楽しみです。

 

ただ、今回のつなぎはヘロヘロでした。

前の日に遅くまで「ランキャス」ラジオ配信をしていて・・・

それが異常に疲れた(-_-;)

その疲労抜きのつもりでしたが、抜けない疲労感。。。

詳しくは「ランナーのAsioto、第9回配信ブログ」で。

 

今年もあとわずか。

お正月を迎える準備は順調ですか?

ウチは・・・主婦である私が、ご覧の通りランに夢中でありまして、

準備らしい準備はしていません^^;

以前は、アレもやらなきゃコレもやらなきゃ!と

1人でピリピリ「機嫌が悪いお母さん」でした。

 

どんな状態でもお正月は来ます。

だから、、、まともな準備ができていなくても

「まいっか」ってくらいの

「穏やかなお母さん」でいようと思ってます。

まぁ、言い訳ですが(笑)

 

子どもが元気でいてくれて、

主人が一生懸命働いてくれて。

幸いにも突然の苦難が訪れること無く、

何もない日常に感謝して、新年を迎える。

それが準備かな。

 

 

チョキン・パチン・ストン

それでは皆さん、ご機嫌よう\(^o^)/ 

 

【第9回・ランナーのAshioto】あなたのRUNの足音を聴かせて下さい。(ランニング・足音・マラソン)

皆さん、ご機嫌いかがですか?ののです(#^^#)

【ラジオ録画公開】

f:id:powerofrun:20181222201719j:image

先日のラジオ配信、聞き逃した方へ

お待たせしました(*^^*)

ツイキャスのマイページ欄で録画公開しました♫

「第9回配信」

ライブ履歴からアクセスして、お楽しみ下さい。

 

ドン!はいどうぞ(*^^*)↓

Live History - のの@RUN大好きアラフォーランナー (@nonoblog1231) - TwitCasting

 

●お知らせ●

Twitterのアカウントが変わりました。

お気軽にフォローして頂けたら嬉しいです。

twitter.com

 

今回のラジオ配信の趣旨についてはこちら↓

www.nono-no-blog.com

【Ashiotoゲスト:くさがみさん】

twitter.com

【ラジオ配信を振り返って】 

ああああああああーーーーーー!

つかれた‼

冒頭15分

「ののさんシンちゃん」によるショートコント

くっそ疲れた。

 

TwitterのMDに・・・

「これを真剣にやりたいと思っています」と・・・・

「台本」と呼ばれるものが送られてしました。

 

・・・・なにこれ?

・・・・・「くっくっくっ」と笑ってしまう内容。

おもろいやん(*^^*)

・・・いやまて、これをやりたい?

・・・誰が?誰がやるの?

・・・私?私?わ・た・し?

マジか!

 

それから、冒頭15分の為にリハーサル4時間、、、

本番は精魂尽き果てました。゚(゚´Д`゚)゚。

 

素人とは思えぬ台本を用意し、

用意周到なさま。

(その姿はまさにオ・タ・ク)

今回のゲストは「くさがみさん」でした。

 

くさがみさんはラン歴浅いながら

サブ3を目指すランナーさん。

初めてのフルマラソンはサブ4

先日はハーフで84分のタイムを出して

「サブ3」は目前です。

 

リハーサルを重ねるうちに

「こいつは、オタクだ」

「絶対、オタクだ」と想像から確信にかわりました。

私はオタクと呼ばれる人に興味があります。

「一点に集中して、物事をやり遂げる。やり続ける」

そんな気質をもつ人と実際に話しをして

コニュニケーションを取れたことが楽しかったし、刺激を受けました。

くさがみさん自身が凄く楽しそうだったし、私も楽しかった。

 

それはくさがみさんのランニング持論にも現れていて

「ランニング時の足音を無くす」

「ランニングフォームへのこだわり」

「膝周りの筋肉をつける」

これは、くさがみさんが「ランニング」に対して

一点集中し理論をたてて、考え・実践している結果。

ランナーさんには、

理論を理解し実践しながら練習して結果を出してる方も多いので・・・

そういう意味では、ランナーも「オタク」か?

 
くさがみさんはTwitterで「師匠」とか「先生」とか呼ばれています。
くさがみさんのツイートは、
人をポジティブにそして楽しくさせてくれます。
だからそう呼ばれるのだと思います。
私は呼ばないけど(笑)
 
「物事を集中して考える実践する」
「人を楽しませてくれる」
そんなくさがみさんのAshioto、聴けて良かった。ありがとうございました。
 
このブログ最後に、完全版「台本」を載せておきます。
台本もお楽しみ下さい。
 
では↓Ashioto開始 

●ランを始めたきっかけ 

去年の8月、東京マラソンに落選したこと。

東京マラソンに向けてやる気満々だったところ外れてしまった。

そのやる気を消化するため、

東京マラソンと同じ時期にあるレースを探して、

「鹿児島マラソン」に応募した。

去年8月から鹿児島マラソンに向けて練習を始めた。

ラン歴はその8月からで1年半弱。

 

●RUNの魅力
1から10まで自己責任
成功も失敗も自分の責任
成功したら自分の成果
大会でPBがでたら、
それまでの「練習が全て間違ってなかった」って
肯定される瞬間の実感が最高
失敗も自分の責任だから直せば速くなるし強くなれる。
今までグダグダだった自分ににも出来ることが見つかった。
 
●どんな練習
理論を試す
時間があれば走る
時間がなければ走らない
計画性はない。
最近は片道だけど通勤ランを始めて、
主に週末ランで追い込んでる。
練習内容
基本、ペース走
ペース走って言うと「速い」イメージだけど、
自分の中のペース走は
「ペースが一定ならペース走」
㌔7分でも㌔4分でもペース走
LSDもペース走
走り始めてから1kmか2kmでペースを決めて
決めたらずーとそのペースで走る。
最後は絶対ラストスパートを入れる。
(最後の追い込みに強くなるため)
 
くさがみさんの練習が「ペース走」なわけ
1.ペース走は一定のペースで走る事が求めれれるが故に
自分の「走力」を正確に把握できる為。
2.自分の走力が分かれば、足りないものが見えてくる。
3.ランニングの極意は「いかに楽に走るか」が持論
「いかに楽に走るか」と意識することで、
ランニングエコノミーが高まる。
 
下記、くさがみ師匠からのメッセージ
ペース走を選んだ理由。
・経緯。漠然と「一定のペースで走れないとフルは難しいだろう」と考えていた。
短い距離からペース走を続けていた、
ある日。初めてキロ5’00”で20kmが走破できた。
その時に「あ、初フル、完走できる」という直感が働いた。
同時に「自分に必要なトレーニングはこれだ」と理解した。
・ペース走は、一定のペースで走ることが求められるが故に、
今の自分の「走力」を、より正確に把握出来る。
正確に分かるということは、足りないものが見えてくるから、
自分に必要なトレーニングが明確になる。
故に前記のような「直感(未来予測)」が可能になる。
ランニングの極意は「いかに楽に走るか」が持論。
ペース走は、そのために最適なトレーニング。
同じペース、同じ距離で良いから、いかに「楽に走るか」を意識する事で、
どんどんランニングエコノミー(効率)が高まる。
・それを遅いペース(LSD)から始めて、徐々にペースを上げていけば、
無理なくスピードも身につく。
ランニングを始めた当時は「キロ6分で10km」から。
一年ちょい続けた結果「キロ4’12”で30km」まで辿り着いた。
・いかに速く。いかに長く。ではなくて、
いかに「無駄を省くか」を徹底してる
その為のフォーム。そういう意味では「いかに理想のフォームに近付けるか」が全て。
速さも距離も関係ない。
・そして、それを可能にする為の「相棒」が、
シューズ(速く走れるではない)であり、
インナーとタイツ(無駄な筋肉のブレを防ぐ)であり、
リュック(定期的なエイド)である。 
 

●今後の目標 

来年の3月鹿児島マラソンででサブ3
 始めてから1年。でサブ3を取りたい。
その他 
・ウルトラマラソンに出たい
・50代になってからサブ3を取りたい
(50代でサブ3は全体の0.8%と言われている)
 
●ランから学んだこと 
目標の大切さ
継続の大切さ
目標を決めると頑張れる
人生においても同じ
 
最初に「鹿児島マラソンに出る」と決めて
走り始めてからここまでこれた。 

 

●ランを始めたばかりの方へ

膝を傷めないように、足音に気をつけて走って下さい。

走る時の接地音を気にして欲しい。

走る時の音。

音がしてると接地のタイミングがあってない。

そうすると膝への負担が大きい。

フォームにも負担がかかる。

長く走れば走るほど疲労が貯まる。

 
※ランナー語録
無音が究極の足音
  

変形性膝関節症を患って

どうすれば症状が改善されるか、

ずーっと考えながら走っていた。

試行錯誤を重ねて走るうちに

最終的に出た結論は

「走る時の音を消すことが膝にいいと自分の身体で分かった」

 

初めてのフルマラソンを走るまではランニング本は読んでない。

自分の考え、理論でやってみたかったから。

そののち、ある本を読んだ。

結果的に自分の身体で感じたことが↓に書いてあった。

誰も教えてくれなかったマラソンフォームの基本 遅く走り始めた人ほど大切な60のコツ

誰も教えてくれなかったマラソンフォームの基本 遅く走り始めた人ほど大切な60のコツ

 

この本を読んで、自分の考え・理論が正しかったと自信がもてた。

「相対速度0で接地する」

人にもよるけど、本当に速い人の足音はほぼ無音。

速い人は接地時間が短いかから音がしない、

接地時間が短い上に、相対速度0で接地するから音しない。

無音が究極の足音。

 

補足

膝が痛い人は膝周りの筋肉を鍛えてほしい。

「ランナー膝」に悩むランナーは多い。

完治や改善への方法は数多くあるけれど、

実際に完治されたくさがみさんの体験談が

一つの有効策として優位であると思います。

 

下記、くさがみ師匠からのメッセージ

ランナー膝対策。

靴の中敷が合わなくて変形性膝関節症(右膝)になる。

↓ リハビリ(遠赤外線治療)をしながらランニングを始めるものの、

同じ箇所がランナー膝になる。

↓ ペースは関係なく、7km以上走ろうとすると痛くて走れない。

↓ 医者に「膝の骨の異常を完全に治すには手術になるけど、

それでも完全には治らない可能性が高い。代わりに膝周りに筋肉をつけなさい。

それで痛みは緩和されるから」

↓ 半信半疑で始める。

↓ 完治。

↓ 初フルでサブ4達成。

走り方(フォーム。蹴り足が内側外側に向いてしまう等)は各自で何とかするとして、

ランナー膝で悩んでる人は、

とにかく膝周り(実際は大腿四頭筋と外転筋)に筋肉をつけて下さい。

筋肉が膝骨の異常をカバーしくれます。

それで痛みは激減(あるいは完治)します。

そのための筋トレは以下の通り。

・仰向けで太ももを上げる。

・椅子に座って膝を伸ばす。

・横向きに寝て足を上げる。

これを基本で行いつつ、

加えてランナー向けの膝筋トレ(ランジとか片足立ちとか)をすると効果は倍増。

私は、それで完治しました。

そして筋トレ以前に、まずは足音を消す努力をして下さい。

いくら膝筋トレをしても、足音を立てるフォームで走っていたら効果は半減です。

ランナー膝を治す為には、 無音接地+膝筋トレ。

この二つをセットで行いましょう。 

f:id:powerofrun:20181222105434j:imagef:id:powerofrun:20181222105436j:image
 
 
 

くさがみさんに寄せられた質問Q&A】

Q.なぜ関東地区在住からわざわざ鹿児島マラソンへ?

A.同じコースならタイム狙えるとおもうから

 
Q.どうしてバックパックして走るの?
(くさがみさんはレースの時、ハーフマラソンでも!バックパックをして走ります)
A.給水・補給の為
練習でエイドがないから。
レースでもエイドは利用しない。
自分の体質として「燃費が悪い」
だから給水・補給が必須の為。
 
また、バックパックをしていると、フォームが安定する。
(正しいフォームで走れているとバックパックが揺れない)
姿勢が確認できる。
 
Q.幽体離脱について
先日のハーフマラソンで、ゴール間際・・・
おそらく「ランナーズハイ」を体験している。
走りに走り抜いたところで体力は限界。
その時「全身から力がフッと抜けた」
苦しくて苦しくて苦しいはずなのに、下り坂を、
道の流れにそって自分の身の流れに沿って走っていた。
その中で「自分が思ってる限界って、実は限界じゃないんだな」と
冷静に考えてる自分がいた。
後から見たその時のラップは「3分47秒」
こんなスピードで走っていたのに自分で自分を客観的に見ていた。
まさに
「幽体離脱」
どうしてそういう状態になったのかは・・・わからない。
でも人は限界間際に近づくと・・・その先にまた限界が広がる 。
その広がる瞬間が「幽体離脱」「ランナーズハイ」になるのかもしれない。
 
ランナーズハイについては、私もそれらしい経験をしたことがあるので、
また機会があればランナーさんと深く話がしてみたいです。
 

【ランキャス冒頭台本公開】 

■ランキャス
ゲスト「くさがみ」
冒頭脚本案(完成稿)

くさ「突然ですが、みなさんは「かっこいいと言われたい」

そう願ったことはありますか?

 

BGM【古畑任三郎のテーマ】

私ですか?
もちろん、言われてみたいです。
恥ずかしながら、四六時中、寝ても覚めても、いつも願っています。

月間300kmの貴公子、ときやんさん。
爽やかイケメンサブ3ランナー、junjiさん。
娘の為に、家族の為に、己の全てを賭けて頑張っている、りょーちゃん。
彼らの、なんて輝いていることか。

しかし、このたび私は、かっこいいと言われるための秘策を編み出しました。
それを、今からみなさんに披露したいと思います。
今、このラジオを聴いている、そこのあなた。
実に運がいい。
今夜限りの特別なショー。
ごゆっくりお楽しみ下さい。

くさ畑シン三郎でした。

 

BGMストップ。

 

くさ「コンビ「ののさんシンちゃん」
によるショートコント
【かっこいいと言われたい】

 

くさ「よーい…アクション!(カチンコSE)」

BGMスタート
【Runner (by 爆風スランプ)】

のの「うん、いい感じ。じゃあ次は、練習内容について質問するから、それをくさがみさんらしい言葉で…」

くさ「はい! ののさん、ヒーローインタビューごっこがしたいでーす!」

のの「なんなの、いきなり」

くさ「ほら、この前チャリティーマラソンで、ののさん優勝したじゃん?
優勝だよ、優勝!
Fantastic 優勝 Run!(拍手)
おめでとーーー!
この溢れ出る「コングラッチューレーション!」な気持ちを込めて、自分がインタビュアーをやるから、ののさんは、それにカッコ良く答えてくれればOK。
あ、もちろん台本も用意してあるよ。
えーと、はい、これ」

のの「台本って。用意してた台本って、これ?」

くさ「いやー、ヒーローインタビューって憧れるよねー。マイクを向けられて、勝利者ならではのコメントをして、それで「くさがみさん、カッコいい!」なんて言われちゃうんだよ? いいなぁ…」

のの「もしもーし?
やるのー?
やらないのー?」

くさ「はい! やりますやります!
…いい? 雰囲気出してよ?
ののさんは走った後で、少し疲労困憊してる。でも優勝したから、テンションは、やや高め」

のの「はいはい」

くさ「いっくよー。
マイクテスト、マイクテスト。
ワンツー、ワンツー」

のの「いつでもどうぞ」

くさ「いきます。
カウントは5から。

ごー、よん、さん」

 

(少しの間)

のの(口でファンファーレ。マイクから少し離れて)

 

くさ「はい、みなさん、こんばんは。
現地リポーターのくさがみです。
それでは、先日行われた「第6回ピンクリボンチャリティーマラソン」のクォーターマラソン女子の部で、見事優勝した、のの選手にヒーローインタビューをしてみたいと思います。
のの選手、まずは、優勝おめでとうごさいます!」

 

(くさ、口でファンファーレ)
(お互いに、喋ってない人がファンファーレ)

 

のの「皆さんのおかげで優勝することが出来ました‼

ありがとうございました」

くさ「圧巻の走りでしたね。思わず私もリポーターの立場を忘れて見とれてしまいました。今回のレースではテーマがあったそうですね?」

のの「はい。今日は心肺への刺激入れと、

苦手な下りでペース落とさないことを意識しました」

くさ「素晴らしい。記録を狙う人は、やはり心構えから違いますね。大会は練習のように、と言いますが、それを本当に実践する所に、のの選手の強さの秘訣があるような気がします。
その作戦が上手くいったからこその順位、ということでよろしいでしょうか?」

のの「いえ、ペースを一定にする予定でしたが、

思っていた以上に坂道で撃沈でした。」
「でも坂道以外の場所で目標ペースを維持できたことが

結果に繋がったのかもしれません」

 

くさ「なるほど。坂でのブレーキを、平地で挽回した…そんな感じでしょうか。大会直後でも、レース展開を客観的に自己分析することで次に繋がる…のの選手のコメントには、そんな教訓が込められている気がします。
それでは今後の目標をお聞かせ願えますか?」

のの「そうですね。
まずは来年1月の10km大会で

自己ベストを更新したいと思っています」

くさ「のの選手なら必ず達成出来ると思います。我々フォロワー一同、応援してますので頑張って下さい。
以上で、のの選手へのインタビューを終わります。現場から、くさがみがお送りしました。それでは、スタジオにお返ししまーす」

 

(交互にファンファーレ終了)

くさ「はい、オッケー!!」
【SE : カチンコ】
くさ「ののさん凄い!!(拍手)演技派女優って感じで、ちょーカッコ良かった!! こんな才能もあったんだね!! あ、ファンファーレもありがとう」

のの「なにこれ。
まあ、うん、悪い気はしないね」

くさ「でしょでしょ?
うん喜んで貰えて良かった。
さあ次は私の番。
台本は、はい、今度は、こっち」

のの「気合い入ってるなぁ…え。
なに、本当に、これやるの?
(少し間)
無言で頷かないでよ。
(少し間)
その笑顔やめて。
(少し間)
準備運動始めたよ、くさがみさん」

BGMストップ。
無音。

でん
でんでんで
でんで
でんでんでん

でん
でんでんで
でんで
でんでんでん

でん
でんでんで
でんで
でんでんでん

でん、でん、でん」

のの「ののさんシンちゃんです」
くさ「お願いします」

各自で三拍子の音を出す。

のの「シンちゃん、いつものやったげて!」
くさ「おう聞きたいか俺の武勇伝」
のの「その凄い武勇伝をゆったげて!」
くさ「俺の伝説ベスト10!」
のの「レッツゴー!」

くさ「記録を狙うぜ、桜島!
凄い! チップを忘れて船逃す!」

(※)

のの「家事に育児にランニング!
ブログにラジオに…って、ちょっと、これ私の事じゃん!」

(※)

くさ「毎日10km走っちゃう。
凄い! いつしか呼び名は✨貴公子✨に!」

(※)

のの「自己新狙うも大撃沈!
そんなあなたに送ります。

(三拍子ストップ)

負けないこと、投げ出さないこと、逃げ出さないこと、信じ抜くこと、涙、みーせーてもいーいーよ、それをー忘れなければー♬」

(三拍子音、再開)

(※)

くさ「雪道、吹雪もなんのその!
おら! 雪国ランナーなめんなよ!」

(※)

のの「よくなれ!よくなれ!4970!
絆は続くよ、どこまでも!」

(※)

くさ「駄目だ、もう無理、両足攣った。
凄い! 冷却スプレー復活だ!」

(※)

(※部分は以下。自分のパートで自分で)
「武勇伝、武勇伝、武勇でんでんででんでん」「レッツゴー」

くさ「カッキーン」
のの「凄いよー、シンちゃん、凄すぎるよー」
くさ「ズンズンズン」
のの「うわー、シンちゃんが迫ってくるよー! シンちゃん、止まって!」
くさ「止まれねぇ!」
のの「止まって!」
くさ「止まれねぇ!」
のの「止まって!」
くさ「しゃらくせぇ! パーンチ!」
のの「いたーい! 何するのよ!」
くさ「立ち止まれねぇんだよ、俺の!いや、これを聴いてる全ランナーのランニング人生は!」
のの「シンちゃん、カッコイイ!」

くさ「カッキーン!

(溜めて)ほらね!
(笑顔で)カッコいいって言われた」

のの「ペケポン!」

くさ「はい!」

くさ&のの「どうも! ありがとうございました!」

 

アドリブつなぎ

 

■回想
くさ「あれは残り10kmに差し掛かって、都合7回目のトイレに入った時の事…」

回想BGM。
【 The Beginning 】(by ワンオク)

トイレから出ると、隣のトイレから、同じタイミングで男性が出てきた。同じゴールを目指す仲間。ふいに、そんな気持ちが強く湧いてきて、思わず話しかけた。

くさ「もう少しでゴールですね! 頑張りましょう!」

のの「そうですね。はは…でも、情けないことに、もう両足が攣って…」

くさ「えっ、だ、大丈夫ですか?」

(自分の太ももを叩きながら)
のの「もう、足が、動かないん、です…!」

かける言葉が見つからなかった。簡単に頑張れなんて言えない。限界を超えて頑張ったからこそ、今、2人はここにいるのだ。彼の足は限界かもしれない。でも、それでも、諦めて欲しくない。残りたった10kmじゃないか。私は、どうすれば…どうすれば彼の力に…はっ!

そこで思い出した。リュックの中。先輩ランナーのアドバイスで、ダイソーで買った冷却スプレーが入っていることを。
あわててリュックをガサゴソして取り出す。

くさ「これ使ってください」

のの「え、でも」

くさ「大丈夫です。もう私には必要ないものです。使って下さい」

のの「あ、ありがとうございます!」

くさ「共に、ゴールしましょう!」

のの「はい!」

彼との約束で、私は無事に完走した。
果たして彼は完走出来たのか否か。
それは神のみぞ知る。

…みたいな?

end

 

チョキン・パチン・ストン

それでは皆さん、ごきげんよう゚(^^)/~~~

 

●お願い●

ブログ村ランキングに参加してます。

ポチッとして頂けると励みになります(*^^*)↓

にほんブログ村 その他スポーツブログ 女性ランナーへ
にほんブログ村

こっちもよろしくです(*^^*)↓

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

  

チョキン、パチン、ストン

それでは皆さん、御機嫌よう(*^^*)

サブ3.5へのRUNトレーニング記録【6】

皆さん、ご機嫌いかがですか?ののです(#^^#)

f:id:powerofrun:20181215090535j:image

 

【12/9・RUNトレ記録】

180分走

トレイル付き180分、プチトレイル7本。

7本目はヘロヘロで・・・

「これ以上やったら、おうちに帰れない」と思いました。

10本できたら上出来かなぁと思っていますが・・・

10本やると、自宅までの往復は難しい(^o^;)

往復無しで10本、挑戦してみようかと目論み中です。

 

 

【12/9・RUNトレ記録@2部練】

12km jog

朝ランの180走で、

だいぶ負荷がかかったところで・・・ちょっと追い込み。

5分前半ペースで12kmのつもりでしたが、

6kmのところで「ピキッ」となって、やばいやばい。

5′30″にペースを落として、早めの対処のおかげで、

ラン後の異常はなく一安心。

気をつけなきゃ^^;

【12/12・RUNトレ記録】

5kmペース走

4時30分、目を覚ますと「雨」予報通り。

いつもなら「二度寝」の極楽タイム。

でも今日は走っておきたかった。

週に一度のスピード練習。

前日から憂鬱ではあるけど(^o^;)ロング走から中2日、

2日以上は休足期間を空けたくない。

なかなか止まない雨。仕事もあるし時間がない・・・

やきもきする。

7時、小雨決行。

f:id:powerofrun:20181215084257j:image

苦しい苦しい5km、ゼーハーゼーハー、シンドかった(-_-;)

できれば入りのタイム4′10″で5kmを押し切りたい。

でも、気持ちにストッパーがかかる。

そして4′30′′の安心圏内に収まる。 

気持ちも走力もまだここまでなんだ・・・

それが分かった5kmペース走。

自己ベスト22′25″を5″だけ更新の

22′20″ やっと故障する前の自分を越えた。

これから先は・・・

4′30″のストッパーを外したい!

【12/13・RUNトレ記録】

つなぎjog

スピード練習の後のjogは「癒やし」

本当にホッとする。

ゆっくり走る為に速く走る。

速く走る為にゆっくり走る。

私の中では、これが1セットになった。

この1セットが「楽しい」と言える。

 

ただ・・・・寒い(TдT)

本当はもう少しゆっくり走りたいけれど、

時間をかけて走ると、温まった体が今度は冷えてくる。

冬場のjogペースを少し設定変更しなければ。

【ありがとうが溢れる完走認定証】 

f:id:powerofrun:20181215084310j:image

いびがわマラソンの完走証は、後日郵送です。

実行委員会の皆さんが、ゼッケンナンバーを元に

ランナーのゴールシーンの写真を選んでくださり、

完走証に載せてくれます。

これが届くと、こころがほっこりします。

一枚一枚、丁寧に心を込めてくれたことが、

何より嬉しい。

 

そして、沿道で応援してくれた小学生や中学生からの手紙。

手紙にはただただ「ありがとう」が溢れています。

 

ハイタッチしながら「ありがとう」と

言ってもらえて嬉しかった。

「ありがとう」

 

給水所で「ありがとう」と言いながら

受け取ってくれた。

「ありがとう」

 

ゴールでタオルをかけてあげたら

「ありがとう」と言ってもらえた。

「ありがとう」

 

「頑張って」と応援すると

「笑顔やガッツポース」を返してくれた。

「ありがとう」

 

走る側も応援する側も「ありがとう」

 

「ありがとう」が「ありがとう」を呼ぶ。

ランを通じてありがとうが溢れる。

ランに出会えて良かったなぁと思います。

 

いびがわさん、

ありがとう(*^^*) 

  

チョキン・パチン・ストン

それでは皆さん、ご機嫌よう\(^o^)/ 

 

サブ3.5へのRUNトレーニング記録【5】

皆さん、ご機嫌いかがですか?ののです(#^^#)

f:id:powerofrun:20181208210516j:image

 

【12/5・RUNトレ記録】

アップjog・2km

インターバル・200m45″設定×15本

(リカバリー90″)

ダウンjog・5km

人間の身体ってすげぇ!! 

f:id:powerofrun:20181205103723j:image
f:id:powerofrun:20181205103718j:image
f:id:powerofrun:20181205103726j:image

 

今日のインターバルは、我ながら上出来(*^^*)

 

前回のインターバルは10月9日。

1ヶ月ぶりのインターバルでした。

その間に、フルマラソンを1本、10.5kmレースを1本走りました。

 

久しぶりだし、レース後だし故障の心配もあるので、

予定は200㍍10本(45秒から50秒)設定。

リカバリーは90秒。

 

今日は10本しかできないと思ってた。

なのに、身体が15本走れました。

 

変化はリカバリーにありました。

前回までのインターバルでは本数が増える度に

リカバリー90秒が足りなくて。

90秒では呼吸が整わないので、

苦しくて苦しくてしょうがなかった。

 
インターバルの基本は、
途中の設定ペースダウンや
リカバリーjogペースダウンはNG
特にリカバリーでペースダウンしてしまうと、
心拍数が下降し、疾走で上昇した心拍数を一定の水準で維持できず、
結果、心肺機能への刺激が弱くなる。
 
苦しくてもリカバリー設定を落とすわけにはいかなくて、
インターバルトレーニングの厳しさを痛感していました。
 
それが・・・今日のインターバルは
リカバリー90秒で足りた!
もちろん苦しさはあるけれど、
90秒で次の200㍍を走るための呼吸を整えることができたのです。
 
10本やったところで「まだ出来る!」と思えた。
だから15本できました!
 
レースやトレーニングを重ねたことで、
スピードに対して脚力・心肺機能が順応したことを実感。
 
このリカバリーの余裕度が、
最大酸素摂取能力が上がったということ?
LT値(乳酸性闘値)が上がったということ?
 
ガーミン先生だったら何か数字で示してくれるんだよね?
私の心拍数はどうなってるんだろう?
ガーミン欲しいなぁ(^o^;)
 
難しいことはよく分かんねーけど、
身体で感じた!確かに感じた!
人間の身体ってすげぇ! 
 
目標、200㍍20本まで、あと5本‼
挑戦します(*^^*) 

 

【12/6・RUNトレ記録】

つなぎjog

前日のインターバルからのつなぎjog

ゆっくりペースで癒やされました(*^^*)

セット練習の2日目は、フルマラソンの後半12.195kmの意識して

「12km」にしたいなぁと思ってます。

その時の体の状態をみながら進めます。

 

●クリスマスプレゼントにお勧めの絵本●

もうすぐクリスマスですね(*^^*)

ジップ&キャンディ―ロボットたちのクリスマス

という絵本があります。

 

この本の中に、私の好きなセリフがあります。

「生きることは、背負うことだよ。

どうにもならないことがこの世の中にはある。

だけど大切なのは、それを受けとめて、

その中でキミがどう生きるかだ」

 

絵本の中に出てくるロボットは

新型ロボット(記録装置は無限大)と

旧型ロボット(記憶装置に制限あり)

 

記憶が残ることが当たり前の彼と、

新たに記憶を残すことのできない彼女。

 

どうにもならないことの中で、

2人はどう生きるのか?

 

そんな2人に起きたクリスマスの奇跡。

 

この絵本はWEB上に無料公開されています。

lineblog.me

 

 

WEBで読んでもいいけれど、

手にとって「紙」の温かみと一緒に読むのもお勧めです。

ジップ&キャンディ―ロボットたちのクリスマス

ジップ&キャンディ―ロボットたちのクリスマス

 

 

お子さんや、家族

大切な人へのクリスマスプレゼントにいかがですか?

  

人は皆、何らかの苦しみ悲しみを1つや2つ抱えて生きています。

突然の過酷な運命を目の前にして、戸惑い、立ちすくみ

悲しみに潰れてしまいそうな時があります。

 

それでも人は前に進まなくてはいけません。

どう生きるのか?

どう生きたらいいのか?

この絵本は

そのヒントを教えてくれるような絵本です。

 

私はクリスマスの日に、

この本を3人の子どもに読み聞かせます。

もちろん、今年のクリスマスも・・・

  

チョキン・パチン・ストン

それでは皆さん、ご機嫌よう\(^o^)/